「今日だけの特別な数字」は 日にちが立つと高くなる?

phone_question先週の日曜日にオデッセイHVの商談をしたら、車両本体と付属品約24万円から35万円引きが出ました。「これは今日だけの特別な数字です」と言われたのですが、その日は決めることはできませんでした。結局、購入することになったのですが、同じように35万円引きを出してくれるか心配です。もしも先方がOKしてくれたら、そのまま決めてしまってもいいのでしうか?

 

 

phone_answer135万円引きなら文句なしの特上クラスです。そのまま決めてもいいと思います。セールスマンは基本的に一度出した条件は引っ込めません。もしも「先日決めてくれなかったから今回は高くなります」などと言ってきたら、「だったらもう少し検討する」と切り返せばいいでしょう。さらに上乗せを狙うのならば、当該のホンダと商談する前に、経営の異なるホンダに出向いて見積もりを取ることです。そしてもちろん、ホンダ同士の競合にもち込むわけです。

 

<<そのほか、「新車購入」の相談はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』2016年7月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す