「注文車で」と頼んであったのに 実際に納車されたのは在庫車だった

phone_question20日ほど前に新車を契約しました。営業さんはとてもいい方で、条件面も満足のいくものでした。

一昨日、納車となったのですが、ここで問題が発覚しました。契約の際に「在庫車はいやです。注文してから生産したクルマにしてください」とお願いしていました。すると、営業さんは「大丈夫です。お客様が注文したクルマは在庫車ではありません」と答えてくれていました。

しかし、納車が思ったより早かったので「もしかしたら在庫ではないか?」と不安になり、メーカーのお客様相談センターに問い合わせてみました。すると、製造日は私が契約した日より10日前ということが判明しました。つまり、在庫車だったわけです。私は「新車を買うなら注文車にしたい」というこだわりがあったので、たった10日間といっても釈然としません。納車されてしまった今となっては、やはり交換は無理なのでしょうか? また、交換がだめなら付属品のサービスでも要求しようかと思うのですが、その場合、どのくらいのサービスが妥当ですか? ただし、営業さんとはこれからも良いお付き合いをしていきたいので、関係をこじらせたくはありません。

 

 

phone_answer1新車ディーラーには「在庫車も新車には変わりない。これを納車しても問題はない」という考え方があります。しかし、買い手が「在庫はいやだ。注文車にしてもらいたい」と申し込んで、売り手が了解していれば〝契約の重要要件〞となります。つまり、ご質問のケースは明らかに契約違反ということになります。したがって、交換(もしくは無条件解約)を申し出てもいいわけですが、応じてくれるかどうかは難しい面があります。

おそらく「当該のクルマはディーラーに在庫してあったクルマではありません。発注をした段階で、すでに生産されていたクルマですが、いわゆる在庫とは違います」などと説明してくると思います。

いずれにしても、交換を要求するとトラブルに発展する可能性が大きいため、「関係をこじらせたくない」というなら強硬な措置にはでないほうが得策でしょう。

付属品の無料サービスについても、正直、あまり期待できません。こういうケースではセールスマンや店長の段階で処理するため、せいぜい数万円という例が多いようです。5万円以上のサービスが取れたら、納得してもいいと思います。

<<そのほか、「新車購入」の相談はこちら>>

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

 

『月刊自家用車』2016年7月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す