いったんは契約したが、魅力的な 特別仕様車が出たので変更したい

phone_question3週間ほど前に新車購入を決めて、注文書に署名・捺印しました。「2か月半後に生産される予定」とのことでした。

先日、購入した車種に魅力的な特別仕様車が発売されました。そこで「特別仕様車に変更したい。もちろん、差額は支払うし、納期が遅れてもかまわない」と申し出ました。まだ生産前だったので快諾してくれると思いましたが、「上司と相談させてください。後日、お返事します」と言われました。

もしも、変更を拒否された場合、どのように対応したらいいでしょうか?

 

 

phone_answer1注文書に記載されている特約事項(約款)からすると、ご質問のような変更は原則としてできません.

ディーラー側が了承すれば問題ありませんが、拒否してきた場合は難しくなります。ユーザー側からすると「すでに生産したなら断られても仕方ないが、生産前なのだから変更はきくはずだ」という気持ちになります。

しかし、いったん発注するとたとえ生産前でも基本的に変更はきかないシステムになっています。メーカー側は「注文後の変更を認めてしまうと生産ラインに支障が出る」としており、買い手がキャンセルした場合でもディーラーは発注したクルマを引き取るというルールになっています。

要するに、ディーラー側は「変更してあげたいが在庫をかかえることはできない」というわけです。こういうケースでは約款を説明して「契約上、変更はできない」と拒否してくる例が目立ちます。

ユーザーとしては「変更できないとは聞いていない。約款に書いてあっても、そんな大事なことは口頭でも説明すべきだ。変更できないならキャンセルする。損害賠償は支払うつもりはない」などと強硬に出るやり方もありますが、トラブルに発展する可能性が高いのでお勧めできません。

法的にはご質問者が不利な立場にあるのです。まずは返答を待って対応を決めたほうがいいでしょう。生産までかなり時間があるので、応じてくれる可能性もあります。

【追記】 後日、この読者から「ディーラーから『変更に応じます』との回答をもらいました」との連絡が入りました。

<<そのほか、「新車購入」の相談はこちら>>

『月刊自家用車』2016年6月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す