購入は2か月先の予定だが、 契約を迫られたらどうする?

phone_question先日、ショッピングモールで買い物をしていたら、イベント会場でトヨタがフェアを催していました。本格的な交渉は年明けからと思っていたのですが、展示してあったヴォクシーを見ていると応対したセールスさんが熱心に売り込みをかけてきました。試しに見積もりを出してもらうと、車両本体と付属品約53万円から25万円引きでした。さらに「12月中に決めてくれれば5万円を上乗せする」と言われました。

しかし、購入資金を準備する都合から契約は2月以降にしたいと考えています。「12月中」というと、あと2週間くらいしかなく見送りましたが、こういうケースではどう対応したらいいのでしょう? ちなみに、本命はヴォクシーですが、ノアやセレナも検討したいと思っています。

 

 

phone_answer1ヴォクシーから合計30万円引きなら合格ラインを超えています。ただし、まともに「年が明けて、2月以降に契約したい。この条件をそのまま2月までキープしてもらいたい」などと頼むと「これは年末商戦だけしか出せない特別の条件だ。来年になったら約束できない。だから、いま買わないと損をする」などと言ってくる場合があるので注意してください。

どうしても2月以降の契約にしたいというなら「資金面の問題から年内には契約できません。見切り発車で契約してしまうとキャンセルすることになってしまうかもしれません。2月になって資金のメドがついて本格的に購入することが可能になったら、必ずセールスさんに声をかけます。そのときもきっと頑張ってくれると期待しています」などと言っておくといいでしょう。

その際、セールスマンから「では、2月以降の購入でもいいから、年内に仮契約をしておいてください」などと言われても、万一、状況が変わって購入できなくなるという恐れもありそうなので、安易に契約はしないほうが無難です。

そして、年が明けて再び商談したら「前回の条件は30万円引きでしたね。今回はここから交渉をスタートしましょう。年度末の決算商戦が始まっているので、前回より出せますよね」などとやるといいでしょう。もちろん、ノアやセレナとも競合をさせる必要があります。そのためにも先送りするなら契約はしないほうがいいと思います。ちなみに、セールスマンには「一度提示した条件を引っ込めるわけにはいかない」という意識があります。

「新車購入」の相談はこちら>>

「新車値引き」の最新情報はこちら>>

『月刊自家用車』2017年3月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す