付き合いの長い中古車店よりも 新車を買うなら正規店がいい?

phone_questionこれまで中古車ばかりを購入してきましたが、近々、新車を購入しようと検討しています。先日、馴染みとなっている個人経営の中古車屋さんに買い替えの話をしたら、社長さんに「うちでも新車を扱っているよ」と言われました。

でも、このお店で買うとなると、気心が知れているだけに貴紙に登場してくるX氏のような競合交渉ができそうにありません。新車を買う場合、値引き条件を優先するなら、こうした中古車屋さんとの付き合いは忘れて、正規ディーラーから買うほうがいいと思うのですがいかがでしょうか?

 

 

phone_answer1中古車専業店や買い取り店、整備工場などでも「新車、売ります」と看板を掲げているところがあります。これは自動車メーカーから直接仕入れて販売するのではなく、正規ディーラー(以下、正規店)を経由して販売するシステムで、俗に「サブディーラー」(以下、サブ店)とか「販売協力店」と呼びます。

ご質問にあるように、馴染みとなっているサブ店ではきめ細かいアフターサービスが期待できます。ただし、一概に決めつけることはできませんが、値引き条件は正規店より不利になるケースが多いようです。

したがって、新車は「正規ルートから購入する」のが基本と考えてください。まずは正規店と商談して値引き条件が煮詰まった時点で、サブ店にも見積もりを出してもらい、比較するといいでしょう。

最初から付き合いのあるサブ店と商談してしまうと、正規店との競合がやりにくくなってしまうことがあります。また、へたに競合させるとサブ店側が「うちのお客に手を出すな」などとクレームを付けてトラブルに発展する場合もあるので注意してください。正規店との競合を防ぐために「決めてくれるという前提でないと、条件は出せない」などと言ってくることもあります。

一方、正規店に対してはサブ店の存在を利用できます。たとえば「付き合いのあるサブ店がかなりいい条件を出してくれそうだ。しかし、やはり新車は正規店から買いたいと思っている。だから、値引きを頑張ってもらいたい。思い切った条件を出してくれるならサブ店とは商談しない」などとやると効果的でしょう。なお、ご質問のケースではサブ店との結びつきが強いようなので、もしも「正規店から買おう」という気持ちが強いならば、へたに商談しないほうが無難かもしれません。

 「新車購入」の相談はこちら>>

「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』2017年1月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す