USBが使えるから購入したのに 使えないから無条件解約したい

phone_question2週間前に新車が納車されました。私はクルマで音楽を聴く際にはUSBメモリーを使うので、商談でそのことを申し出ました。その車種の純正ナビ/オーディオはUSBメモリーが使用できなかったのですが、担当セールスさんは「付属部品を使って聴けるようにします」と言ったので、契約をしました。

ところが、納車後、用意してくれた付属品を使用しても音が出ません。メーカーのお客様相談室に問い合わせると「USBメモリーは使用できません」との回答でした。この時点で、担当セールスさんに不信感が湧き、店長さんに抗議をしました。すると、店長さんが訪ねてきて「汎用品のナビ/オーディオに変更させてください。これならUSBメモリーが使えます。ご迷惑をかけたので、これとは別に付属品のサービスもします」と言ってきました。しかし、これまでの担当セールスさんやサービスマンの対応がとても悪く、私も主人もこの店とは付き合いたくないと思っていたので「今回はクルマを返品する。契約はなかったことにしたい」と強く申し出ました。店長さんは「わかりました。クルマはいったん引き上げます。ただし、返品に関しては私の一存ではお答えできないので会社と相談します」とのことでした。このあとどのように対応したらいいでしょうか? すでに頭金30万円を支払って、クレジットの契約も終了しています。

 

 

phone_answer1この契約では「USBメモリーが純正ナビ/オーディオで利用できる」ということが重要な条件となっています。したがって、「利用できない」となった時点で、契約違反となり、無条件で解約できると思います。該当のクルマはすでに登録してナンバーが付いているため返品したことで数十万円の損害が発生しますが、解約の原因がディーラー側にあるためユーザーは負担なしですむはずです。応対した店長も「今回は無条件で解約に応じるしかない」と思ったはずで、その場でクルマを引き上げていったのでしょう。

ただし、相手が「USBメモリーが利用できると言った覚えはない」など主張してくる可能性もあります。もしも、めんどうなトラブルは避けたいと思っているなら、クルマを受け取る余地も残しておけば安心です。そこで、頭金の30万円の返金とクレジットの解約が終了するまで、所有権解除には応じないほうがいいと思います。

 

「新車購入」の相談はこちら>>

「新車値引き」の最新情報はこちら>>

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』2016年11月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す