【MAZDAデミオの深化 】~「音」と「応答性」の改善で1.5Dの「弱み」は克服されたか?~

【MAZDAデミオの深化 】~「音」と「応答性」の改善で1.5Dの「弱み」は克服されたか?~

人馬一体の思想に基づき「クラスの概念を打ち破る」モデルとして登場したデミオ。ドライビング性能やデザイン性が高く評価され、一躍人気モデルとなった。今回、音と応答性はどれほどの深化を遂げたのか?検証しよう。
●文:川島 茂夫/●写真:奥隅 圭之

走りの質感向上で内面を更に磨き上げた

マツダの新世代ディーゼルを指すスカイアクティブDの1・5ℓバリエーションの皮切りモデルとなったのがデミオである。その後、同型エンジンを搭載するCX-3が登場するが、この時に新たにディーゼル騒音対策にナチュラル・サウンド・スムーザーが採用される。デミオのMCのハイライトのひとつがこれだ。ピストンピンに内蔵されたダイナミックダンパーにより、ディーゼル特有のガラガラ音を低減させているのが特徴である。

eco_demio_11_20160617実際に試乗するとMC前のモデルよりも加速時のノック音がかなり改善された。大トルクを活かして回転を上げずに加速させることが多い変速設定を採用しているだけに、改善の効果は大きい。ノック音は「うるさい」というほどの音量ではないが、音質が耳障りなだけに走りの質感向上には効果的である。ナチュラル・サウンド・スムーザーの名とおりである。なお、CX│3はMCで全車標準になったが、デミオではXDツーリング系のみに装着されている。

また、可変ジオメトリーターボの制御特性を変えて、踏み込み直後のトルクの立ち上がりを向上させたのも見逃せない。加速性能に変化はないが、ダウンシフトする直前くらいまで踏み込んだ時のトルクの立ち上がりが素早くなった。グイッと加速する印象だ。加速のコントロールがしやすいだけでなく、余力感も増加。これも走りの質感向上のひとつだ。

eco_demio_12_20160617サスペンションは従来車と変わっていないが、パワステのアシスト特性が変更された。以前は切り込んだ瞬間に操舵力が重くなる。前輪が踏ん張りが伝わるが、身構えさせるような操舵感でもある。操・保舵力や手応えが無駄に大きい感じである。MC後の操・保舵力の増加は緩やかであり、全体的に軽くなっている。程よく伝わる接地感や据わりで、力まずにスムーズに操れる。操舵感の変化だけなのにハンドリングが洗練されたように思えるほどだ。

eco_demio_14_20160617その他の変更はシャークフィン型アンテナの採用程度で、パッと見には新旧の判別が難しく、スペックも変わっていない。中身重視の磨き込みを行ったのだが、これでデミオのツーリングカー適性も一歩前進。走りの質感向上でダウンサイザーにも一層魅力的になった。

 

【ズバリ!】搭載パワーユニット(スカイアクティブ-D 1.5)のエコ度採点は?

5/5

都市部の用途中心ではJC08モード燃費相応だが、長距離走行ではクラストップレベル。とくに100km/h近い速度域の巡航ではHV車以上。高速や山岳路の扱いも容易であり、運転しやすさも省燃費を後押ししている。

オススメグレードは?

XDツーリング 2WD
demio_nenpiディーゼル車は高速長距離で真価を発揮。同状況では巡航ギアの加減速が大半になるのでナチュラル・サウンド・スムーザー装着車を選びたい。なお、利便快適装備も含めて基本装備設定はLパッケージ等共通である。

支払い例 車両本体価格(税抜) 182万円
車両本体目標値引き 10万円
概算諸費用(エコ減含む) 26.2万円
総支払い額 198.2万円
燃料代例 JC08モード燃費 26.4km/ℓ
使用燃料 軽油
1万km走行燃料代 3万7692円
5万km走行燃料代 18万8462円
10万km走行燃料代 37万6923円

※燃料代は資源エネルギー庁発表(2月10日)の調査結果を基にレギュラー:113.2円/ℓ、プレミアム:124.1円/ℓ、軽油:98.5円/ℓとし、JC08モード燃費を参照し計算。



※エコカー減税の①は取得税が100%、重量税が100%、②は取得税が80%、重量税が75%、③は取得税が60%、重量税が50%、④は取得税が40%、重量税が25%、⑤は取得税が20%、重量税が25%減税となる。

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

<<「新車値引き」の最新情報はこちら>>

<<デミオの中古車>>

『月刊自家用車』2016年4月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す