【ホンダ ステップワゴン】直伝 グレード選びの極意2017

【ホンダ ステップワゴン】直伝 グレード選びの極意2017

廉価グレードのBを除けばホンダセンシングは標準装備

先進安全装備のホンダセンシングは、最廉価のB以外に標準装着され、全車ともパワートレーンは1.5ℓターボとCVTを採用。現行型の目玉装備の一つである横開きドアを備えた「わくわくゲート」もB以外に採用されている。性能や実用性、安全性などの基本部分の格差は少なく、グレード選びのポイントは内外装の仕立てと利便装備の違い。ちなみに歴代モデルに設定されているスペシャリティ志向のスパーダも用意されており、当然、コスパは標準ボディ車が上だが、装着パーツを吟味すると、スパーダの価格設定は妥当。こちらを選んでも損はない。

gokui_stepwagon12_201703

結論
ステップワゴンのベストチョイスは?

G Honda SENSING (FF) 価格:261万円

実用装備を備える事実上のエントリーグレード
Bはホンダセンシングの設定も無いなど、あまりにも装備が簡略化されているので、Gホンダセンシングが実質的なエントリーグレード。装備的には実用系中心で右側のパワースライドドアもOP設定、エアコンもマニュアルタイプと、際立っておトクでもないのだが、この上のG・EXほどの装備を必要としないなら、これを選ぶしかない。

最新&人気モデル グレード選びの極意

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す