【トヨタ ヴィッツ】直伝 グレード選びの極意2017

【トヨタ ヴィッツ】直伝 グレード選びの極意2017

コンパクトの王道モデル。やはりガソリンが主役

パッソと比べると、車格感や長距離適応性を向上させたとはいえ、経済性を旨とする2BOXコンパクトであることは変わらない。それゆえ選択の基本にはコスパを置くのが良い。1ℓと1.3ℓのガソリンと1.5ℓハイブリッドの3タイプのパワーユニットが設定されるが、ハイブリッド車はヴィッツとして検討するより、アクアとの違いで考えたほうがいい。1ℓはパッソよりコストダウン型であり、やはり主力は1.3ℓだろう。グレード展開は快適装備が主になるが、後席機能も2タイプ用意され、分割可倒式後席を必要とする場合は1.3ℓ車以上を選ばなければならない。

gokui_vitz11_201703

結論
ヴィッツのベストチョイスは?

1.3F(FF) 価格:148万1760円

バランスの良さならガソリンの1.3ℓ車
低中速型のプリクラッシュブレーキはメーカーOPとなるが、経済性と走行性能のバランスが良いのは1.3ℓ車のベーシックグレードだ。オートエアコンなどの快適装備の充実を望むなら、1つ上のジュエラが狙い。なお、1.3ℓ車とハイブリッド車の価格差は約28万円。燃費も動力性能も高まるが、その価格差は厳しく思える。

 

最新&人気モデル グレード選びの極意

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す