【日産 ノート】直伝 グレード選びの極意2017

【日産 ノート】直伝 グレード選びの極意2017

電気で走る「e-POWER」がブレーク中

今、ノートを選ぶならガソリンで発電した電気でモーター駆動する「e-POWER」しかない。語弊を恐れずに言えば、ノートのガソリン車を選ぶ理由が全く見つからない(笑)。グレードは燃費スペシャルの「S」はジムカーナなどの競技に出る人ならいいが、普通に使うには全く適さないので「X」以上がマスト。最上級グレードの「メダリスト」は質感も大きくアップするプレミアムホワイトインテリアもOPで選択できる。更にスポーティな「NISMO」、よりプレミアムな内外装の「モードプレミア(オーテック)」も用意。好みや志向に合わせて幅広い選択が可能だ。

リーフ譲りのEV技術が注がれたe-POWERの走りはかなり新鮮
日産の電気自動車リーフの技術が投入された「e-POWER」の力強い走りは圧巻。本誌恒例の燃費テストでも24.45㎞/ℓを記録するなど優秀だ。
専用チューンのNISMOモデルも発売
ついにはオーテックの手でチューンされた「e-POWERNISMO」モデルも投入。価格は245万8080円とお高めだが、なかなか魅力的だ。

結論
ノートのベストバイは?

e-POWER NISMO 価格:245万8080円

車体補強がされた特別なモデルはいかが?
e-POWERの追加で走りも大きく向上したが、ボクのオススメは「NISMO」と「モードプレミア・ツーリングパッケージ」。どちらも効果的な車体補強とサスペンション&タイヤのチューニング、パワートレーンの制御変更で「理想のノーマル」と言ってもいい仕様。実は走りのセットアップは両グレード共通仕様なので、内外装の好みで選んでもらって問題ない。

リセールの傾向は?
ガソリン車のノートは、いたって普通のコンパクト。リセールが強いわけがない。だが「e-POWER」は注目が高く、リセールにも期待できそう。

 

最新&人気モデル グレード選びの極意

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す