【日産 セレナ】直伝 グレード選びの極意2017

【日産 セレナ】直伝 グレード選びの極意2017

豊富に選べる装備はマルだがそれだけに取捨選択が難しい

通常設定の5グレードに加え、目玉となる先進安全技術の「プロパイロット」を標準装備としたプロパイロットエディションが2グレードあり、計7グレードとなるセレナ。もうひとつの目玉となるのがインテリアだが、豪華なプレミアムインテリアは全車オプション、2列目・3列目シートのスライド機能などもオプション設定が多いため、理想通りの装備を揃えようとすると車両価格より大幅に高くなることを覚悟しておいた方がいい。ただ、外観装備が充実するハイウェイスター以外のグレードを選べば、比較的リーズナブルに抑えられるはずだ。

check point 1 プロパイロット
完全な自動運転ではないが運転支援は優秀。検討の価値あり

将来の完全自動運転につながる先進技術で、アクセル、ブレーキ、ステアリングを最適に自動制御する「プロパイロット」は、高速道路での渋滞や長距離走行時の助けになる画期的なもので、セレナを買うならぜひ欲しい目玉装備。ただ通常グレードではセーフティパックBでの選択となり、価格も24万円以上と高価なのがネックだ。

gokui_serena_12_201703

check point 2 先進安全装備
セットオプションの装備が多い、この分の予算もお忘れなく

「プロパイロット」に付随する機能として、車線逸脱防止支援システムや踏み間違い衝突防止アシスト、車両の後方だけを映し出すスマートルームミラーなど、安全運転を助ける装備が豊富。別途OP設定も多いが、できればこれらも付けたい。また車両を上から見た画像で死角をなくすアラウンドビューモニターなども車庫入れに威力を発揮する優れた機能。

ハンドル操作を自動制御 車庫入れを強力にサポート
車庫入れ時に、自動でハンドル操作が行われるインテリジェントパーキングアシストは、車庫入れが苦手な人にオススメしたい機能だ。
360度のアラウンドモニターは移動物検知も付く進化型
セレナに搭載されるアラウンドビューモニターは、人などの移動も検知して警告ブザーなどで注意を促す、実用性が高い安全装備の一つ。

check point 3 仕様&装備
定番のハイウェイスターも抜かり無くラインナップ

日産のセレナ以外の車種にも設定され、人気が高いハイウェイスターの大きな魅力は、スポーティかつ存在感のある外観装備。フロントマスクからリヤバンパー、アルミホイールも専用デザインとなる。ただ、そのほかの装備面では標準モデルもハイウェイスターもGが上級の位置づけで、ハイウェイスターGならどちらも充実している。

gokui_serena_15_201703

結論
セレナのベストバイは?

ハイウェイスター プロパイロットエディション(FF) 価格:291万6000円

プロパイロットを外す選択はもったいない
子どものいるファミリーで使うなら、プロパイロットだけでなくシートの横スライドやテーブル、USBなど使い勝手を向上する便利装備もぜひ欲しい。便利装備がもともと標準のGにプロパイロットを付けるか、特別仕様車扱いのプロパイロットエディションに便利装備をオプションで付けるかで悩むが、後者の方がリーズナブルに全て手に入ってオススメ。

リセールの傾向は?
歴代セレナは標準車よりもハイウェイスターの方がリセールは強い。ちなみに現行型の看板装備であるプロパイロットは、中古車としても評価されるはずだ。

 

最新&人気モデル グレード選びの極意

『月刊自家用車』 2017年3月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す