[カテゴリー別SUV最新事情] アンダー300万円クラス

SUV選びでは、この価格帯が事実上のエントリークラス。ちょっと高いな……と思うかもしれないが、その価格に見合った内容を持つモデルも多い。じっくり吟味すれば割高感はすぐに消え去るはずだ。

走りに加え内外装の仕立てもベース車を凌駕する、実力派が揃う

アンダー300万円のSUVは、トヨタ・C -HRはプリウス、ホンダ・ヴェゼルはフィット、マツダ・CX -3はデミオ、日産・エクストレイルはルノーメガーヌ(日産とルノーの共同開発)、スバル・フォレスター/XVはインプレッサ(先代モデル)、ルノーキャプチャーはクリオと言ったように、各メーカーのハッチバックをベースにしたモデルが多い。

と言っても、単なる派生モデルではなく内外装デザインを含めてオリジナルの物が多く、ハッチバックよりもスタイリッシュで質感の高いモデルばかりである。

走りの部分に関してもアイポイントの高さによる運転のしやすさはもちろん、オン/オフ問わない走りの両立と重量増に合わせた最適化など、ハッチバックよりもこだわっているケースが多く、乗り味や質感など目に見えない性能などは、ベースとなったモデルを大きく超えている事がほとんどだ。

パワートレーンも豊富なラインナップが特徴で、NA、ダウンサイジングターボ、ハイブリッド、ディーゼルターボの中から選択可能。CX -3やフォレスターはMTモデルを選ぶこともできる。

駆動方式はこのクラスだと街中主体の用途も多いため、FFと4WDが選択可能なモデルがほとんど。もちろん4WDのほうが走破性は高いのだが、オンロードでの安心感も非常に高いので、できればこちらを選びたい所である。多くのモデルは「通常はFF、必要な時に4WD」となるオン・デマンド方式の4WDを採用するが、フォレスターは前後トルク配分50:50にこだわる。

中にはクロスオーバーSUVは肝心な悪路走破性がイマイチ、と言う人もいるが、クロカン4WDのような「道なき道を…」と言うのは確かに難しいが、実はどのモデルも見た目以上の悪路走破性を備えているのだ。

 

SUBARU フォレスター
suv_forester_21_201702ビックマイナーで強化した走りの良さも大きな武器
インプレッサのコンポーネントを用いて開発されたSUV。パワートレーンは2.0ℓNAと2.0ℓ直噴ターボ・DITの2タイプ。シャシーはSIシャシーだが、大幅改良で次世代シャシー「SGP 」の理論が一部盛り込まれ、走りの動的質感もレベルアップしている。
価格帯:214万9200円~312万8760円

FIAT 500X
suv_fiat500_22_201702エンジンは、フィアット独自のマルチエアターボを搭載
エクステリアは500をイメージしたコロッとしたスタイルだが、サイズはかなり大きめ。基本コンポーネントはFCAグループのメリットを活かし、ジープ・レネゲードと共通となっているが、パワートレーンはフィアット独自の1.4ℓターボを搭載する。
価格帯:286万2000円~334万8000円

NISSAN エクストレイル/エクストレイルハイブリッド
オフロードの強さはそのままにオンロードの質感を強化
いまや日産の日本市場を支える代表モデル。初代と2代目が築き上げてきた「タフギヤ」というコンセプトは継承しながらも、オンロードでの快適性を大きくレベルアップした。パワートレーンは2ℓガソリンと2ℓ+1モーター2クラッチのハイブリッドを設定。プラットフォームは日産/ルノー共同開発のCMFを採用している。
価格帯:223万8840円~306万5040円

MAZDA CX-3
suv_cx3_23_201702マツダSUVシリーズの末っ子は常に“最新最良”が注がれる優等生
マツダクロスオーバーSUVの末っ子。基本コンポーネントはデミオがベースとなるものの、内外装の仕立てや走りの質感は一クラス上のレベルに仕上がっている。日本仕様は1.5ℓディーゼルターボのみの設定だが、6MT/ 6ATがセレクト可能。毎年細かな改良が行なわれ、走りや安全装備などは「最新のモデルが最良のモデル」となる。
価格帯:237万6000円~303万4000円

 RENAULT キャプチャー
suv_RENAULT_24_201702 日産&ルノーの共同開発で生まれた新世代クロスオーバー
コレオスに続くクロスオーバー第2 弾。日産ジュークとプラットフォームを共通とするが、サスペンションなどは独自設計。ストローク感ある乗り味はルノー独自の物だ。パワートレーンは日本仕様は1.2ℓターボ+6速DCTの組み合わせ。
価格帯:256万9000円~267万2000円

SUBARU スバルXV/スバルXVハイブリッド
suv_subaruxv_26_201702インプレッサの派生モデル次期型の登場も近いようだ
インプレッサ(先代)から発展したクロスオーバーSUV。パワートレーンは、2.0ℓNAとスバル唯一の2.0ℓNA+1モーターのハイブリッドが設定されている。ちなみに2017春のジュネーブショーで新型登場が噂されている。
価格帯:239万7600円~286万2000円

HONDA ヴェゼル/ヴェゼルハイブリッド
suv_vezel_25_201702軽快な走りは大きな持ち味ホンダらしさがいっぱいだ
フィットのコンポーネントを用いたクロスオーバーSUV。独自デザインの内外装やザックス製ダンパーを用いたフットワークなど、ホンダらしさは十分。パワートレーンは1.5ℓガソリンと1.5ℓ+DCT+モーターの「スポーツハイブリッドi-DCD」の2タイプを設定。内外装とフットワークをスポーティに仕立てた「RS」も設定している。
価格帯:192万円~288万6000円

 

カテゴリー別SUV最新事情はこちら

icon

アンダー300万円クラス

SUV選びでは、この価格帯が事実上のエントリークラス。
icon

アンダー400万円クラス

所有欲を満たしてくれるモデルがズラリと並ぶ、選び甲斐がある価格帯だ。
icon

オーバー400万円クラス

中心価格帯 400万円~。ここには惚れ惚れするモデルが揃っている。

 

『月刊自家用車』 2017年2月号掲載

 

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す