カテゴリー別 注目SUV 最新事情に迫る!

CX-5とC-HRという大型新人の登場により、SUVの人気がさらに高まるのは必至。ここではそんな活気溢れるSUVの注目モデルを、厳選してピックアップ。その実力を再確認してみよう。

suv_category_17_201702

クロスオーバーSUVは世界中で人気爆発中

もとはピックアップトラックの派生モデルとして誕生したSUV。それゆえトラック譲りの堅牢な「ラダーフレーム構造」が主流であり、必然的に悪路走破性のみを意識したモデルばかりだった。

だが’80年代の日本でクロカン4WDブームが訪れたことで、その流れは大きく変わることになる。ユーザーは快適な乗り心地や充実した装備を求めるようになり、さらにオフロード主体のセットアップでは飽き足らなくなり、乗用車並みのオンロード性能も求めるようになった。そうなるとラダーフレーム構造では少々力不足。そこで生まれたのが、モノコックボディの乗用車をベースにした「クロスオーバーSUV」である。

内外装の泥臭い感じを完全に排除して、都会の街並でも違和感が全くないカジュアルなデザイン。走りも「乗用車の乗りやすさ」と「SUVの安心感」を両立。しかも価格はクロカン4WDと比べるとリーズナブルな価格設定など、その総合力はかなり高い。

当然、その人気はアッと言う間に日本から世界へと飛び火し、世界の主要メーカーには大中小様々なクロスオーバーSUVがラインナップするようになった。特にトヨタRAV4、ホンダCR -V 、日産エクストレイル、スバル・フォレスターなどは、当初はニッチモデルであったが、現在は”世界戦略車“として各メーカーの重要なモデルへと成長している。また、ポルシェがカイエンで開拓したハイエンドクロスオーバーSUV市場も活発で、ベントレーやジャガーなど、これまではクロスオーバーとは無縁だったハイエンドメーカーが参入してくるほどだ。

そんな流れもあり、現在の日本では、大きいものから小さいものまで、魅力的なSUVが選び放題と言う状況である。ここでは、価格帯で分けて、その魅力をしっかりと確認してみたいと思う。

suv_category_14_201702大ヒット小型SUVの2代目モデルが上陸間近
ゴルフサイズの小型クロスオーバーSUVとして、世界的ヒットとなったティグアン。その2代目が間も無く日本にも上陸する。デザインは一新され、トゥアレグの弟分のようなスポーティで都会的なデザインに変更。インテリアも質感が大きく引き上げられている。シャシーも最新のMQBプラットフォームが採用されるなど、隙のない内容だ。
suv_category_15_201702新世代の技術が盛り込まれたプジョーの最新SUV
SUVのライナップ拡大を急ぐプジョーの最新作。現在販売されている従来モデルよりもエクステリアはサイズアップ。308 に続いての新世代EMP2プラットフォームの採用により10 0㎏近く軽量化も果たした。日本向け仕様は1.6ℓのガソリンターボ車と2ℓディーゼルターボ車を導入する予定だ。
suv_category_16_201702新型クロスオーバーにはプラグインHVモデルも用意
3代目ミニが登場してからも、従来モデルが発売されていたが、2016年のLAショーで新型がお披露目された。パワートレーンはガソリン、ディーゼルターボに加えてプラグインハイブリッドも用意。これはBMW 225xeと同様の電動AWDモデルとなる。日本上陸はまだ未定だが、おそらく近いうちに販売されるのは確実だ。
suv_category_01_201702_1

 

 

カテゴリー別SUV最新事情はこちら

※画像をクリックして最新事情へ

icon

アンダー300万円クラス

SUV選びでは、この価格帯が事実上のエントリークラス。
icon

アンダー400万円クラス

所有欲を満たしてくれるモデルがズラリと並ぶ、選び甲斐がある価格帯だ。
icon

オーバー400万円クラス

中心価格帯 400万円~。ここには惚れ惚れするモデルが揃っている。

『月刊自家用車』 2017年2月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す