【インプレッサ/アクセラ/ゴルフ/オーリス】激戦Cセグメントの ベストバイはどれだ!(2016年下半期)

新型インプレッサとアクセラが属するCセグメントは、各社ご自慢のモデルがズラリと並ぶ超激戦区。選ぶ立場からすれば嬉しい限りだが、迷いすぎてしまって困っている人も多いのではなかろうか? ここでは新型インプレッサとアクセラを軸に注目のCセグメント車をピックアップ。クルマ選びの参考にしてもらえれば幸いだ。

G4_img22_shijo_201610

国産車の価格が上昇中……もしかして輸入車が狙えるかも?

街中でも扱いやすく、キャビンや走行性能にもゆとりのあるCセグメント車は、多くのユーザーにとって使いやすいクラスであり、上級コンパクト車として根強い人気を持っている。だがこのCセグメント車もご多分に漏れず、ここ数年の車両価格上昇の影響を受けており、以前に比べると予算的には“1ランク上”の予算が求められるようになってきた。

特にその傾向を強く感じるのがアクセラのディーゼルモデルだ。今回のマイナーチェンジで従来設定されていた2.2ℓディーゼルターボ車に加え、デミオやCX-3にも用意している1.5ℓディーゼルターボ車が選べるようになったが、それでも価格は230万3640円(15XD)からと、170万円台から狙える1.5ℓガソリン車に比べると割高感は否めない。装備類が充実しているとはいえ、少し抵抗を感じてしまうユーザーも少なからずいるだろう。また新型インプレッサは正式デビュー前であり価格はまだ不明だが、アイサイトや新開発の歩行者エアバッグが全車標準になることを考えれば、従来型より価格が上昇する可能性は高い。

そう考えるとにわかに注目してみたくなるのがゴルフなどの輸入車だ。改めてその価格を見比べてみると、以前は大きく感じた価格差がかなり縮まっており、十分競合車として考えることができるようになってきた。国産Cセグメント車の上級グレードを考えているならば、車両価格が300万円を超えることも十分にありえる。そうなればメルセデス・ベンツAクラスやBMW1シリーズなども視野に入るというユーザーも出てくるだろう。

“輸入車まで踏まえたモデル選び”。 これがこの秋以降のCセグメント車選びで、大きなキーワードになるはずだ。

今、日本で狙えるCセグメントの注目モデルはこれだ!

車両価格250万円前後がCセグメント車選びのキーワード

SUBARU 新型インプレッサ
アイサイトは全車標準へ1ランク上を強くアピール
サイズ的には大きな変化はないが、スバルグローバルプラットフォームの採用やアイサイトの標準化など、従来型以上に上級志向を強めていることは間違いない。それゆえ価格的に高くなる可能性は否定できないかも……、しれない。
axela_img15_shijo_201610

MAZDA アクセラスポーツ
価格帯:176万400円~331万200円
1.5ℓDターボ車を追加G-ベク搭載で“走り”もアピール
従来型に設定されていた2ℓガソリン車の代わりに、1.5ℓディーゼルターボ車を設定。看板のクリーンディ-ゼル「SKYACTIV-D」を大きくアピール。マツダ車初採用の「G -ベクタリング コントロール」の出来も気になるところだ。

axelasports_img16_shijo_201

 

Volks Wagen ゴルフ
価格帯:249万9000円~549万9000円
Cセグメントを力強く牽引する世界のベストセラー
優れたパッケージングに加え、先進安全装備の充実ぶりなど、その内容はさすが世界のベストセラー。GTIなどは予算的に1ランク上になるが、TSI系ならば国産勢とも十分に対抗が可能。値引き額が拡大傾向にあることにも注目だ。

golf_img17_shijo_201

TOYOTA オーリス/オーリスハイブリッド
価格帯:178万9855円~283万2545円
待望のハイブリッドを投入トヨタが誇る世界戦略モデル
この春に新設定されたハイブリッド車は、「プリウスではちょっと……」というユーザーを貪欲に狙いにいったグレード。欧州を主戦場と想定した世界戦略モデルらしく、パッケージに加え、走りの部分にも力を注いだスキの無いキャラクターが武器だ。

auris_img18_shijo_201

エクステリア&インテリアパッケージ比較

ゴルフの実用的なパッケージはベンチマークにふさわしい
やはりCセグメントの代表的なモデルとしてゴルフは外せない。大柄な男性でもゆったりと座れるキャビンと積載性のいいラゲッジを持つオーソドックスな2BOXフォルムは、歴代モデルに受け継がれている伝統のパッケージ。このクラスのお手本ともいうべき実用性を持つ。欧州マーケットでゴルフと凌ぎを削るオーリスが、最近のトレンドに合わせてスポーツ&スペシャリティ色を強くしているのとは対照的だ。オーリスはベンツAクラスと同じようにクーペ的な嗜好を備えており、実用性を重視するモデルとは言い難い。

golf_img18_shijo_201610

アクセラもスペースユーティリティでははゴルフに及ばないが、それはコンセプトというよりスペース効率の優先順位が低い設計思想によるもの。後席の乗降性や開放感などの実用面の要点は押さえられている。

そして注目を集める新型インプレッサは、スバルの新世代プラットフォーム第一弾となるモデルであり、レガシィなどの上級モデルへの展開も見据えたフレーム設計が特徴。サイドシルなどがっしりした骨格設計はCセグメントには余りあるフレーム剛性をもたらすのは間違いない。後席乗降性も含めた使い勝手の要点を押さえたキャビン周りの設計も高いレベルを持っている。

golf_img19_shijo_201610

 

走り&装備メカニズム比較

走行性能は重要な要素各車とも入魂の内容が注がれる
Cセグメント車選びで外すことができないのが走りの質感。それも高速道路などを利用する長距離走行での運転しやすさだ。ゴルフの最大の魅力となるのはこの部分で、操縦性も乗り心地も神経質な挙動がなく、常に穏やかで安定しているフットワークの良さを持つ。現行ゴルフは一般走行での乗り心地も高まっているが、やはり本領を発揮するのは高速での安定性だろう。

golf_img20_shijo_201610

また、G-ベクタリングコントロールの導入で巡航時の操舵の据わりを高めたアクセラも長距離走行を強く意識している。細かな揺れ返し等でちょっと浮つくような挙動も見られるが、高速安定性と乗り心地の両立ではゴルフに迫る。しかも、アクセラには高速長距離の余力と燃費の両立で圧倒的なアドバンテージがあるディーゼル車が選べる。アクセラスポーツだけの設定になるが、1.5ℓディーゼルターボ車は経済性も抜群だ。

そして新型インプレッサも期待度大。デビュー前ゆえに試乗はまだだが、スポーツ系をWRX/レヴォーグに独立させたことでインプレッサはスバル本来の4WDツアラー路線を濃くする可能性が高い。燃費面の向上は少し気になるところだが、従来のスバルファンを唸らせながら、より一般的なユーザーにもメリットを感じる走りとなりそうだ。

golf_img21_shijo_201610

Cセグメント車選び THE結論

甲乙つけ難い実力派が並ぶが新型インプレッサの登場まで待つのが正解だ
車両価格250万円前後までのモデルを検討できるならば、Cセグメント車の選択肢は大きく広がってくる。新型インプレッサの正式デビューは10月なのでグレード構成や価格は判明していないが、ここまで予算を用意できるならば、今回注目した4つのモデルは売れ線の主力グレードを狙えることは間違いない。

各メーカーの力が注がれる人気クラスゆえに、どのモデルを選んでも一定以上の満足を得られるだろうが、その時にしっかりと考えて欲しいのが安全&運転支援装備の充実だ。機能的にはアクセラと新型インプレッサが若干リードしているが、4モデルとも衝突事故の危険を軽減するプリクラッシュブレーキやラインキープアシストなどが設定済みで、次世代標準の安全装備が先取りができており、Cセグメントをリードしている。ただしオーリスには全車速追従型クルーズコントロール(ACC)の設定はないのが、少し残念な部分だ。

golf_img22_shijo_201610

Cセグメントはメーカーの威信がかかったモデルが揃うだけに、どれを選んでも後悔することはない。特に新型インプレッサとアクセラは、最新技術を惜しみなく注ぎ正常進化を果たしているモデルだけに、購入後の満足感も高い。オーリスも待望のハイブリッドを追加するなど商品力を向上させている。

輸入車のゴルフは国産モデルに比べるとわずかに価格は高めの設定だが、その差は極めてわずか。もう1ランク上の予算を出せるならばメルセデス・ベンツAクラスやBMW1シリーズ、ボルボV40あたりも視野に入る。このクラスを考えているユーザーにとっては、もはや輸入車も有力な競合モデルになるのは間違いないだろう。

いずれにせよ購入を急いでいないならば、まもなく登場する新型インプレッサを見てからクルマ選びを始めるのがベターだ。

 

 

 

 

 

今の愛車を もっと高く売る 方法>>

『月刊自家用車』 2016年10月号掲載

新車購入でトータル値引きを最大に引き出すには

staff新車を買うときに、下取りが高いと喜んでいたら、実は新車からの値引きがその分低かったり、逆に値引きが大きい分下取り額が安かったりすることは普通にあります。新車の値引きと今の車の売却額のトータル値引きで判断しましょう。

トータル値引きを最大にするには、


・新車から最大の値引きを引き出す
月刊自家用車の値引き情報を参考にディーラーと交渉しましょう
・今の車をできるだけ高値で売却する
ディーラーや買取店への売却ではなく、買主と直接取引すればずっと高値で売却できます

新車購入のスケジュールにあわせて上手にカーコン・マーケットで高値売却してみませんか? 新車商談をしながら、できるだけ早めに売り始めるのがコツ。

新車購入スケジュール比較

今の車をかしこく手放して手取りが増えれば、新車の予算をアップしたり、小遣いにしたり、いろいろ考えられますね。カーコン・マーケットなら、自分でやるのがたいへんな手続きまでしっかりサポートしてくれるので安心して直接取引できますよ。

バックナンバーから探す